みすずの部屋 ネタバレ6話

みすずの部屋 ネタバレ6話

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

 

第6話 まるで恋人のように男と快楽を貪りあった妹は

 

2時間以上もの対面座位やバックなどでみすずの心を完敗させた有馬は、次に奪うのはみすずのファーストキスでした。

 

みすずは処女を奪われたその日に、有馬にファーストキスまで奪われてしまうのです。

 

しかし、処女を奪われた時のように有馬への嫌悪感はありません。
むしろ、有馬がきっかけを作ってみすずは有馬の唇にむしゃぶり付くのでした。

 

座って抱き合ってるようなスタイルでセックスを楽しんでいる二人は、有馬がみすずに耳を甘噛みしました。みすずはそれだけで感じてしまいます。

 

有馬は次に、みすずに正面を向くように言いました。

 

みすずは不思議そうに、有馬の言う通りにします。すると有馬は、今度はみすずの唇を甘噛みしました。

 

みすずはまた感じて、有馬先輩と熱いディープキスをするのでした。

 

熱いキスで、みすずはイッてしまったようです。

 

有馬に寄り掛かるように抱き付いています。そして、有馬のカウントだと今日だけで8回はイッたとの事です。

 

その後、最後に有馬はキスをしながらまたイキました。

 

これで「みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~/べんぞう・外目黒作」のセックス初日の日はおしまいです。

 

有馬は引きこもりに改善の兆しありと判断し、これからもどんどん治していこうと言うのでした。

 

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

みすずの部屋

▼この先は本編で▼

 

みすずの部屋 あらすじ6話

何回も何回も有馬とセックスを繰り返したみすずは、有馬にもう完堕ちです。

 

つい2時間前までは有馬に嫌悪感を表していたのに(でも感じてる)、もうそんなみすずはどこにもいません。

 

「みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~」の6話のタイトルは「まるで恋人のように男と快楽を貪りあった妹は」です。

 

もう恋人のように、みすずは有馬の体に感じてそれを隠しません。

 

6話のセックスはキス中心です。
キスだけでべんぞう・目黒先生はエロく描写し、みすずはイッてしまいます。

 

キスだけで興奮させるべんぞう・外目黒先生はすご過ぎます。

 

みすずの部屋 感想6話

「みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~」6話の感想。

 

処女を奪われてから2時間あまりで、みすずは快楽を楽しむ女になってしまいました。早かったですね~。

 

これからの「みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~/べんぞう・外目黒作」は、恋人イチャイチャセックスにシフトチェンジしていきそうです。

 

あと、キスがメインの話というのはあまりエロマンガにはなくて良かったです。

 

こんなに熱いキスと包容になるなんて、思いもしなかったです。これこそ作家の才能って感じです。

 

そして、有馬が最後にもっと積極的に引きこもり改善をしていこうねと言っていたのが印象的です。これからどんなみすずになっていくのか興奮が止まりません。

 

みすずの部屋~引きこもり妹の盗られ方~

みすずの部屋

▼ここから無料立ち読み▼

page top